NISAとはどのような制度か

NISAとは2014年1月からスタートした株式等の投資に係る新しい税の優遇制度のことで、正式名称を少額投資非課税制度といいます。
株式や投資信託にかかる所得税については、2013年までは10%(プラス復興特別所得税)でしたが、2014年からは20%(前に同じ)に変わります。
この税率アップに伴い、主として個人投資家の投資意欲を損なわないようにと導入されたのがこのNISAです。

この制度を利用すると、毎年一定額の取引に対する売却益や配当金などを非課税扱いにすることができます。
NISAの具体的な制度内容は次のとおりです。
まず、利用できるのは20歳以上の国内居住者です。

利用にあたっては、NISAを取り扱っている証券会社等に専用口座を開設する必要があります。
開設できるのは1人1口座となっており、同時に複数の金融機関に口座を保有することはできません。
非課税対象となる取引は、その専用口座内で購入した上場株式や投資信託の配当金や分配金、及びそれらを売却した際の譲渡益です。

非課税となる投資額は毎年100万円まで、総額は500万までです。
非課税扱いとできる期間は2014年から2023年までの10年間で、それぞれの投資に対する非課税期間は最長5年です。
したがって毎年100万円ずつ限度額いっぱいまで投資を行った場合、5年経過した時点で最初の年に購入した分を売却すれば、また新たに100万円の投資が行えることとなります。

もちろん途中で売却してもかまいません。